2019年6月号

15oct

発見誌の内容
研修機関紙 生活の発見誌 6月号より

* 巻頭言 書くことの効用

* 名文発掘プロジェクト 「 森田療法と人間の復活(下)」 水谷啓二

* 体験記 「今も、これからも、わたしには集談会がある」

* 集談会日記《87》 函館集談会

* 基準型学習会インストラクター・講師による学習会シリーズ
   VII 「森田療法の人間観」

(*印は特に初心者の方にぜひ読んでいただきたい記事です。)

◎会員の個人情報を護るため、名前は仮名またはイニシャルとしてあります。
◎生活の発見誌は会員限定の研修機関紙(冊子)で本屋さんでは扱っておりません。

 

代表的な体験談を 集めてみました
どうして自助グループ活動
なのでしょうか
一度
、会を見てみたい方は
こちら
生活の発見会の
入会手続きはこちら
お近くの発見会はこちらから